5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【中国】幻の珍味【四千年の歴史】

1 :やめられない名無しさん:04/02/05 15:12
中国のとある地方には、
夏季限定で、しかも早朝(明け方2〜3時間)しか食べられないという、幻の珍味があるそうだ。

その珍味は明け方近くに、地中から顔を出す。
エメラルドグリーンにも似た色のその珍味はやわらかく、口にいれると芳醇な香りが広がる。
なんでもその珍味は地中で数年ほど養分を蓄えるらしく、長いもので約7年分の大地の養分が、えもいわれぬ味を醸し出すのだという。

だが、やっかいな事にその珍味は期間・時間限定な上に、すぐ鮮度が落ちてしまうので、
見つけ次第すぐその場で食すしかない。

張さん(仮名)は、夏になると毎朝でかけては、
この珍味を取りにいき、招待した客や友人をもてなすという。
とある日招待された友人は、もたもたしていたために、
せっかくの珍味を台無しにしてしまったそうだ。
鮮度がおちた珍味は、みるみるうちに茶褐色に変色し、硬くなってしまう。
それほどまでに、鮮度が落ちるのが早いのだ。

珍味は地中から出てくると、
殻らしきものが割れて、背面中央に亀裂ができる。
そこから、薄い緑色の芽のようなものがでてくるので、
そこをつまんで殻から中身を引き出すのだが、
その扱いを間違ってしまっても、台無しになる。
もたもたしていると、前述の張さんの友人のように、
鮮度が落ちてやはり台無しになってしまう。
力をこめて引き出そうとすると、千切れてしまう。
デリケートなのだ。

あくまでも、やさしく丁寧に、そしてすばやく殻から取り出し、
そのまま口にほうばることで、初めてその珍味を味わえるという。

張さんは言う。
「やっぱり、ミンミンゼミより、アブラゼミのほうが濃厚あるよ!」

2 :やめられない名無しさん:04/02/05 15:16
広島あたりの話か?

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)